記事の書き方注意

更新日:

見出しを使うと書きやすいし、読みやすいよ

 

 

 

 

↑投稿画面で見出しにしたい文章を選択、「段落」ボタン内の「見出し2」を指定すると大見出し(H2)になります。
見出しを使って記事を段落わけすると、理路整然とした整った文章を書きやすくなりますし、
読む人にとっても読みやすいうえ、検索エンジンの特性からも好かれやすいのでぜひ使用するようにしてください。

1段落目の記事内容は、

    • 最初に記事全体の概要を書いてしまう。(何が書いてある記事かのまとめ)
    • どんな人が、どんな目的で書いているかを説明する(理念や共感の誘い)
    • 商品紹介記事の場合は、その商品はズバリどんな人のどんな悩みを解決するのか、をハッキリと書く。
    • 読み進めるとどんないいことがあるか、説明しておけるとなお良い。

…という感じで、次の段落から更に詳しく、具体的に説明していく形が基本になります。

小見出し

↑同じく小見出しにしたい文章を選択、「段落」内の「見出し3」を指定すると小見出し(H3)になります。(無理に使う必要はありません)

3段落以上に分けて書くと、なんと自動で目次が登場

3段落以上に分けて書くと、自動で記事上部に目次が作成されます。
読者のためにも親切だし、検索エンジンにも好かれるので
なるべく3段落以上に分けて記事を作成してください。

2段落目以降は、

    • 商品紹介記事の場合は、商品の詳しい特徴、機能や成分、スペックなど
    • 口コミやレビューのまとめ
    • 他商品との比較情報
    • 使用している芸能人やタレントなどの情報
    • 販売実績
    • 価格について
    • 保証(返品保証、解約)

…など、それぞれを一つの段落に分けて書いていくと書きやすいと思います、
また、ボリュームのある記事を書くことにもつながり、検索エンジンにも評価されやすくなります。

小見出しその2-1

小見出しその2-2

見出しにも、検索されたいキーワードを入れる

サイトのタイトルや記事タイトルに入れるキーワードは、検索エンジンにアピールしたいキーワードを入れますよね。
同様に、記事内の見出しにも検索されたいキーワードを入れることが重要です。
見出しだからといって軽視しないよう、1つの記事タイトルでもあると心して見出し文を決めるようにしましょう。
見出しに入れたキーワードが検索に引っかかって、上位表示してしまうことも実は結構よくあることなんです。
最後の段落では、迷っている人の背中を軽く押してあげるような文章で締めるようにしてください。
情報提供型記事の場合は、ここまでの記事内容をもう一度まとめるなどするのがいいと思います。

小見出し3-1

小見出し3-2

小々見出し

↑さらに、小々見出しにしたい文章を選択、「段落」内の「見出し4」を指定すると小々見出し(H4)になります。
(多分余り使うことないと思いますけどw)

-ブログ

Copyright© Happy AGE , 2018 All Rights Reserved.